So-net無料ブログ作成
検索選択
その他のスポーツ ブログトップ
前の10件 | -

ボクシング世界タイトルマッチ内藤大助対亀田興毅戦の雑感 [その他のスポーツ]

この試合、視聴率高いのかな??

試合は亀田興毅選手が判定勝ちしたんですが、
番組の煽り方に比べ
試合内容はめっちゃ地味で・・・
いわゆる玄人好みってやつでしょうかね?

私はとてもつまらなかったので
チャンネルをあっちこっちに替えながらですが
一応、最後まで見ましたわ。



そもそも・・・


ボクシングとは

「倒すか、倒されるのか」
「挑戦者はチャンピオンを倒しにいくもの」

と思っている私にとっては
挑戦者がアウトボクシングで
しかもほぼカウンター狙い
ポイントでリードすれば、
それを逃げ切ろうとガードを固める・・・


ほんと、
世紀の一戦なんてテレビでは言ってましたが
とても退屈な試合でしたわ。


しかも、
そんなボクシングのくせに、
ビッグマウスなんですから(笑


その吉本新喜劇ばりの
ギャップがどうも・・・ねぇ。








阪神藤本選手ヤクルトへ [その他のスポーツ]

FA宣言していました
藤本敦士選手のヤクルト入りが決まったようです。

阪神ファンのわたくし
中でも好きな選手だっただけに残念ですわ

しかし、
鳥谷選手の加入後
不可思議なぐらい
年々出番が激減していただけに・・・
この選択は当然でしょうね。

過去には3割を打ってますし
新天地ではきっと活躍される事でしょう



それにしても
ポジションを奪った形の
鳥谷選手は新人時代と比べて
走攻守いずれも期待ほど成長していないような気がするのは
わたしだけかな??



ヤンキース優勝MVPに松井秀喜選手 [その他のスポーツ]

ワールドシリーズ松井秀喜選手の大活躍で
ヤンキースがシリーズ制覇。

松井選手がヤンキースに入団してから
こういう、妄想は良くしていましたが
妄想が現実になりました。

勿論、このシリーズの活躍で
mvpを獲ったこともすばらしいのですが

そもそも、
このヤンキースと言う
毎年優勝争いを狙える、
ビッグクラブで
クリーンナップを長年に渡り
打っていること自体
本当はもっともっと評価されてしかるべきだったのでしょうけどね。

松井選手は
今年でヤンキースとの契約が切れるとか
この活躍で再契約になるんでしょうけど・・・

ワールドシリーズの制覇も経験しましたし
そろそろ日本に帰るというのは・・・




ないかぁ。

鶴見虹子さん世界選手権個人総合銅メダル獲得 [その他のスポーツ]

体操の世界選手権女子個人総合で
鶴見虹子さんが
なんと銅メダルを獲得!
43年ぶりのメダル獲得のようですね


快挙

とは、まさにこのことを言うんでしょうね

私が知る範囲では
日本の女子体操は男子とは違い
オリンピックや世界選手権で
いつも何十位という大きな順位で
失礼ながら
日本はこの種目は無理なのかなぁ~
と思っていましたから・・・
ホント、このニュースにはビックリしましたわ。


この快挙で
日本女子体操界全体のレベルが
上がるキッカケになるのかもしれませんね。
タグ:鶴見虹子

世界陸上男子100m世界新 [その他のスポーツ]

世界陸上男子100メートル
ボルト選手が9秒58の世界新記録で優勝


凄い記録ですね


昔・・・
世界記録が9秒99の頃は
これが人間の限界なのかな??
と思ってましたが


時が経ち
あれから、
0.41秒も更新とはね・・・

信じられませんわ。



こうなると、
どこまで・・・



9.5秒台を切るのも
時間の問題なのかな??







無気力相撲で千代大海関と把瑠都関に協会が注意 [その他のスポーツ]

大相撲春場所千秋楽
大関千代大海対関脇把瑠都の一戦が
日本相撲協会で無気力相撲をチェックする監察委員会が
無気力相撲でお二人を師匠を通じて注意があったようですね。


先日、このブログで
色んな意味で
久しぶりに楽しみな取り組みがあったと
大関千代大海対関脇把瑠都の一戦を取り上げましたので

http://bubuclub.blog.so-net.ne.jp/2009-05-26



この話題についても、少し触れたいと思います。



日本相撲協会が
無気力相撲と注意とは
正直、ちょっと驚くましたね、
完全に黙認すると思っていたので・・・


確かに、あの一戦は素人目にも
把瑠都関の派手な吹っ飛び方には・・・あれ、ですけど、
でも、あれはあれで、わたし的にはプロレスっぽくて、
すごく楽しめましたけどね。



ところで、そもそも、
無気力相撲ってなんなのでしょう!?


無気力相撲で把瑠都関にのみ注意があるのなら理解出来ますが、
カド番で7勝7敗負ければ大関陥落である千代大海関が
普通に考えれば無気力なワケないですもんね



そう考えると
この一戦を無気力相撲を適用することも違和感を感じるし、
逆に言えば、この名称自体がなんかすごく曖昧だと思いますわ


まず、日本相撲協会は
この名称を変えるか、またはこの名称にもう一つの”何か”を加えるか
いずれかをする必要があるではないでしょうか。



でも、そこまでは出来ないのだろうなぁ。

WBCフライ級タイトルマッチ内藤大助選手が5度目の防衛 [その他のスポーツ]

今回のボクシング中継、少し違和感がありました。
WBCフライ級タイトルマッチ
チャンピオン内藤大助選手が5度目の防衛に成功しましたが
中国での開催予定が3日前に急きょ日本での開催になりました

その影響でしょうね、
テレビ中継では、まるでここ最近のプロ○○中継のように
異常に観客席が暗く設定されていました
多分、客の入りは寂しいものだったのでしょう
それを隠すためのことだと思いますが
いつもより明らかに少ない声援と相まって、なんか痛々しかったです。

内藤選手程の人気、実力共に兼ね備えたチャンピオンの
タイトルマッチなのに・・・ホント勿体ないなぁ。


それにしても、
いかにも、中国っぽい!?
アクシデントがありましたから

対戦相手の中国人の熊朝忠選手も
どうせ大したことがないんだろう、と思ってましたが・・・


ボクシングテクニック的には素人目にも疑問がありますが、
身体が強く、スタミナがあり、
豪快な右フックほぼ1本でチャンピオン内藤選手からダウンを奪い
KO勝利していてもおかしくない試合でした。

そんな、苦戦の中でも
シッカリと勝利するあたり、内藤選手はさすがですね
次の試合もすごく期待しております。

ところで・・・
例のあの人とは・・・もうしないのかな??


大相撲春場所、日馬富士関が初優勝 千代大海関カド番脱出 [その他のスポーツ]

先日の大相撲春場所千秋楽
久しぶりに楽しみな取り組みがありました。

それは、
結びの一番の横綱対決ではなく、


その一番とは、

大関千代大海対関脇把瑠都の一戦です。

千代大海関は今場所カド番で
千秋楽まで7勝7敗と苦しい戦い
この一番負ければ大関陥落です。

色んな意味で楽しみにしてましたが、
期待通りの一番でした。


千代大海関の押しからの
突き落とし気味の押し倒しで
把瑠都の巨体がプロレスばりの派手さで
まさに宙を回転しながら舞いました。

がっぷり四つの相撲もいいですが、
押し相撲は見ている分には面白いですわ。
これで、カド番脱出
これから豪快な相撲を期待してます


ところで、
春場所の優勝は大関日馬富士が
優勝決定戦で横綱白鵬を下手投げで破り初優勝

本割、決定戦をみますと
日馬富士は唯一
横綱と対等近く戦える大関のように思いますね


白鵬関も日馬富士関もまだまだ若いですし・・・
これからも、悪く言えば、
モンゴル勢による賜杯のたらい回しが
当分の間は続きそうな感じですね
たまには日本人の力士の優勝も見たいけど・・・難しそうですね。

パリーグ開幕! [その他のスポーツ]

パリーグ開幕!
・・・って、
知りませんでした。

プロ野球の開幕って
例年4月だったのでは?!

開幕の割りには
関西では地上波でのテレビ放送は無し
オープン戦の阪神広島は放送されていたのに
開幕ぐらいはパリーグを放送しても・・・。

試合は熱戦だったようです、
3試合とも1点差のゲーム

日本ハム・ダルビッシュ投手
西武・涌井投手
オリックス・金子投手ら
今シ-ズン期待される投手が好投したようですから。

野球の試合自体は
パリーグの方が面白いような気もしますけど・・・。

名古屋国際女子マラソン [その他のスポーツ]

名古屋女子マラソンもうすぐ始まりますね
日本人が勝てばオリンピック代表になるであろうし、
また、高橋尚子選手が8年ぶりのオリンピック目指し出走する
大注目のレースです。

しかし、
わたしこのレースにはあまりワクワクするような期待が持てないのです
その理由は、その前に行われた
東京国際マラソン・大阪国際マラソンがあまりにも素晴らしすぎて・・・


3つのレースで2つのオリンピック枠を争う
とても不思議な選考です。
オリンピック枠を得るためには、
レースに勝つ事が最低条件でしょう、
そのためには、個々のレースに出場するメンバーを考慮し、
出場レースを選択する”戦略的”なものも当然必要のことでしょう

東京国際マラソンに女王野口みずき選手が出走表明をしたとき
多くの有力選手はこのレースを回避し
他の選考レースに出場すると思っていましたが、
その中、渋井陽子選手が出走
レースでも途中まで野口選手食らい付いていました

このレースを選ぶ”小さな戦略的”なようなものを全くど返しし
強敵と分かっていながらそれ挑む
まさに、これぞスポーツというような姿勢
そして渋井選手の男前っぷりにはとても感動いたしました。


大阪国際マラソンでもそうでした
福士加代子選手が序盤から他の選手を大きく引き離す豪快なレース
目の前の勝利だけを考えれば、違うレース戦術もあったでしょうが、
そこには勝利だけではなく、コースレコードや目標の勝ちタイムを目指した
自分自身の戦いだったように思います
最後は大敗いたしましたが、その姿勢にも感動を覚えました。


この2つのレースを見ると
名古屋国際レースは
結果的か?それとも戦略通りか?
大阪国際で日本人最高の2位に入った森本友選手の2時間25分34秒という
平凡なタイムを上回り尚かつ勝てばよいという
他のレースと比較すれば難しくない条件になったように思えます
結果その戦略的なものが、
いかにも”後出しじゃんけん”っぽくみえてしまい
狡すっからいというかぁ~、なんかなんだよなぁ~。

また、レースも2時間25分34秒を意識したレース戦術になると思われ、
大阪国際の福士選手のような豪快な、気風が良いレースではなく
駆け引き・戦術が2時間近く続くレースになるのでしょうか?!
もしそれが現実になるのであれば、
例えそれで誰が勝利しようと、
わたしには全く感動を得られないような気がしています。


でも・・・
そもそもマラソン選手は
沿道の観客から見学料を徴収しているわけではありません、
いわゆる”プロ”ではないわけでして・・・
そのためレースで”魅せる”必要はないのですから
仕方ないというか当然でありますけどね。

しかし、
その必要性が無いにも関わらず、
前の2つのレースは
とても”魅せるレース”だったなぁ~。

この名古屋国際も
そんなレースを微かながら期待しておりますが・・・。

前の10件 | - その他のスポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。