So-net無料ブログ作成
検索選択
プロレス ブログトップ
前の10件 | -

プロレスラー蝶野正洋選手、新日本プロレスを卒業 [プロレス]

蝶野正洋選手が新日本プロレスとの契約を結ばず
2月からフリーに転身するようです。

会見で蝶野選手は「卒業」と言われたようですが、
卒業と言えば、
よくテレビ番組で何らかの理由で降板する人を
”卒業”なんて言いますが
今回のフリーも何かその意味合いも強いのかなぁ~と
勝手に想像してしまいましたが・・・。



そうそう、
今年です、
久しぶりに深夜に行われています
新日本プロレスを見ました


新日本の後藤選手と
ノアの・・・名前は忘れましたが
数年前まで、確か前座で戦っていた両選手とが
何とタイトルマッチを行っていました。

それも、新日恒例のドーム大会で・・・


私がプロレスを観ていたころは
ドームのような大きな大会では
蝶野選手が当然のように
メインを張っていたハズですが・・・


それが、両選手に対してとても失礼でしょうけど、
私から見れば”あんちゃん”どうしのタイトルマッチで
蝶野選手はその前座って・・・

いったい、どうなってるの???
そんな思いでした。



これも、時代の流れなのか、
会社(新日本プロレス)の方針なのか知りませんが、
急に、劇的に、強引に・・・
世代交代が進んだ(進めようとしている)ように思い
凄く違和感を感じますわ


この方針??の一貫として
今回のフリー宣言もあるのかなぁ・・・


それにしても
橋本選手、武藤選手に続き
かつての、闘魂三銃士の全員が新日本を去るなんて・・・
十数年前では、こんな自体は
誰も想像出来なかったのでは??

三沢光晴さんが試合中に後頭部を強打し死亡 [プロレス]

三沢光晴さんが13日広島大会のメインイベント
GHCタッグ選手権の試合中
相手選手のバックドロップで後頭部を強打、
病院に救急搬送されましたがお亡くなりになりました。



信じられない



ありきたりですが、
その言葉しか、今は思いつきません。



プロレスファンの私からすると、
三沢選手がリング上で
このような事故でお亡くなりになるとは・・・


どう考えても
信じられないですね。




いわずもがなですが、
三沢選手は超一流のプロレスラーであります、
得意技のエルボーなどを武器に
数々の名勝負を作り出し
何百、何千という試合を経験されていることでしょう。

・・・と言うことはプロレスですから当然なのですが
相手の危険な技も数多く受けてこられたわけでして
”受けの達人”とも言えるわけです。



また、昔はバックドロップという技は
勝負を決する必殺技だったらしいのですが、
今は、ごく一部の選手のそれを除き
単なる、痛め技的なものになっております。



その技で、あの三沢選手でさえ、
このような死亡事故が起こるとは・・・
プロレス技はどの技一つとっても
とても危険な要素を含んでいると再認識させられました。



プロレスリング・ノア社長でもある
三沢光晴さんはまだ46歳
プロレスの世界では、
これからの年齢ですし、
多方面での活躍も期待されていたのに・・・


ご冥福をお祈りいたします。

有名スポーツ選手のサイン [プロレス]

先日、友人が所有しています
サイン色紙を見せてもらいました
プロレスラーのものです
fujinami.jpg
藤波辰爾選手です
若い頃のようですね
写真からみるにだいぶ前のサインだと思います
新日本プロレス時代でしょう
読めませんけど、
もしかしたら、改名前の藤波辰巳の時のサインでしょうか?

iizuka.jpg
飯塚高史選手です
これは、改名する前の飯塚 孝之のサインですね。


最後は・・・

blackcat.jpg
今は亡き、ブラックキャット氏です。
サインにも人柄のよさが
にじみ出ているように思えます。



タレントのインリン・オブ・ジョイトイさん結婚 [プロレス]

タレントのインリン・オブ・ジョイトイさん御結婚されるようです。
お相手は「インリン様」が活躍する
プロレス団体「ハッスル」の元社員だそうです。



・・・って!?



発表されたのが
4月1日エイプリルフールですし、

プロレスファンからみると
お相手が《ハッスルの元社員》
・・・というのは何かのキーワードか?!

と疑いたくなりますから
未だに本当のニュースなのか!?
嘘のなのか!?
半信半疑な面もありますが

どうやら、本当のことのようです。


ところで、
結婚されるとプロレスは引退するのかなぁ?!
あのキャラがみれなくなるのは寂しいですが・・・


あっ!そうや
インリンさんと
レスラー「インリン様」は・・・別人だから?!


大丈夫なのか???


追記
4月4日に
インリン・オブ・ジョイトイさんが
ご自身のブログで結婚報道を否定されました

北斗晶さんが男子プロレスラーに法的措置も?! [プロレス]

2月11日に健介オフィスの1周年興行のプロレスの試合が行われ、
メインイベント終了後、
プロレスラーの後藤達俊選手と小原道由選手の
旧クレイジードッグスのコンビが突然リングに乱入、
その乱入の際、止めに入った
健介オフィススタッフの女性を投げ飛ばす暴行を加えました

そのことに「健介オフィス」の社長でもある北斗晶さんが激怒
暴行並び機材破損に法的処置も検討する方針のようですが、
「健介オフィス」の選手はリング上での決着を望んいるようです。

クレイジードッグス懐かしいですわぁ~
後藤達俊選手と小原道由選手のコンビは
ホント久しぶりですねぇ、
小原道由選手もプロレスに専念されるのでしょうか?
わたくし、このタッグは好きですので楽しみです。

個人的には
クレイジードッグスに
北斗晶さん御自らがリング上で制裁していただきたいですね、
下田美馬選手・三田英津子選手と組んで
『ラスカチョ(ラス・カチョーラス・オリエンタレス)』を再結成し
ヒール対決なんて・・・、

少し妄想しすぎましたか・・・。


新日本プロレス棚橋弘至選手が結婚していた!! [プロレス]

新日本プロレスの棚橋弘至選手が結婚していた。
・・・っと言っても棚橋弘至選手って誰!?
と言う方が多いのでしょうね。

新日本プロレスの至宝IWGPチャンピオンで
若き期待の星なのです。

夏のG1クライマックスを勝ち抜き、
IWGPの挑戦権を得て、
先日、チャンピオンの永田裕志選手を破り
第47代王者になりました。
それを機に4年前に結婚したことを公表。
二人のお子さんがいるようです。

それにしても、何故今頃公表なのでしょうか?!
タイミングがちょっと、中途半端なようなぁ・・・。
わたしの想像では、
この王座は長期政権にするから、
もしくわ、新日本プロレスが本格的に棚橋弘至選手を
売り出そうとしているからなのではないでしょうか?!
なので、早めに公表したような・・・。

それにしても、
最近の新日本プロレスは世代交代を急速に
進めようとしているように感じます

棚橋弘至選手がIWGPを獲った日の
第2試合、いわゆる前座試合に
ライガー選手や蝶野選手が出場しているのですよ!!

それに、今のIWGPJr王者は若い田口選手ですし。
11.11両国大会では棚橋弘至選手が、
後藤選手との防衛戦

後藤選手って・・・
元狂犬軍団でミスターバックドロップの
後藤達俊選手ではありませんよ、
勿論、ターザン後藤選手でもありませんが・・・。

挑戦者は後藤洋央紀選手です。

メキシコから凱旋帰国し天山選手を破り挑戦の名乗りを上げました。
しかし、正直言って、長い間新日本ファンでした、
わたしもあまりよく知らない若手選手です。

新日本が世代交代をしたい考えは分かりますが、
さすがに早急すぎるのでは?!
11.11両国
この試合がメインで、お客さん入るのかなぁ~。


プロレスラー安田忠夫さんが自殺を図る [プロレス]

プロレスラー安田忠夫さんが
都内の自宅で大量の睡眠薬を服用し練炭自殺を図り重体のようです、

びっくりしました、
原因は借金苦とか・・・

確かに借金があり、ギャンブル好きの

借金王プロレスラー

として有名でしたが、
ある程度誇張した、そういうキャラ創りだと思っていましたが、
自殺するほどリアルだとは・・・

最近ではIGFに出場していましたし・・・
まさかの一言です。


女優の小池栄子さんとプロレスラーの坂田亘さんが結婚 [プロレス]

女優小池栄子さんとプロレスラーの坂田亘さんが結婚です
この交際、多分有名だったのでしょうね?
特に大スポ(東スポ)の読者の方なら当然ご存知だったのでしょう。
それにしても、うらやましいなぁ~。
おめでとうございます。

わたくしプロレスファンですが、
ハッスル所属の坂田亘選手は名前を聞いたことがあるぐらいで
よく知りません・・・。

かたや小池栄子さんは
グラビアアイドルから女優さんへ見事に転身されました、
また、カンブリア宮殿では司会もされ
まさにマルチな才能って感じです、
ホント今、乗りに乗っている方ではないでしょうか。

そう考えると、この結婚ちょっとした格差婚のような気もしますね。

しかし、プロレスは人気商売です、
この結婚で多くの方に名前、顔を覚えられるのでしょうし、
”妻小池栄子”の存在もプロレスではとても大きいでしょうから・・・。
坂田亘選手も一流レスラーの仲間入りも近いのかもね。


アントニオ猪木さんの新団体IGF旗揚げ戦 [プロレス]

先月29日両国国技館で行われた、
アントニオ猪木さんの新団体IGF旗揚げ戦
約8000人の観客が入る大盛況だったようです。

しかし、わたしは猪木さんが新団体を旗揚げするというニュースを聞いたとき、
プロレス界の大再編のようなものが起こるのでは?
とても期待は大きかったのですが・・・・。

日本人の参加大物レスラーは小川直也選手ぐらい
メインイベントも外人同士の対決。

誰もが驚くような「引き抜き」が行われると思ってたのですが・・・。
ちょっと期待ハズレでした。

また、全カード当日発表だし
IWGPのタイトルマッチをするとか・・・ドタバタぶりが目に付きました。

IGF第2弾は9月予定のようですが、
方向性というか・・・猪木さん何がしたいのか・・・
よく分からないなぁ~。


プロレスラー、ワイルド・ペガサス(クリス・ベノワ)氏死去 [プロレス]

クリス・ベノワ氏死去
米国WWEで大活躍したプロレスラー
米国の自宅で妻、息子とともに一家全員遺体で発見されたようです、
死因はまだ発表されていないようです。

80年代に新日本プロレスに練習生として入門
その後、IWGPジュニア・ヘビー級王座獲得するなど、
超一流の選手でした。

クリス氏の新日時代のリングネームは
ワイルド・ペガサス、ペガサス・キッドで、
特徴はひとつひとつの技の切れ味が凄まじいこと、
それは全盛期のダイナマイトキッド選手と双璧だったでしょうね。

その上、新日仕込みのグラウンドテクニックもあり、
日本人選手以上に新日ストロングスタイルを理解していた選手だったと思います。

ライガー選手、金本浩二選手らとの対戦は
ジュニア・ヘビーの名勝負でした。

まだ、40歳ですから・・・今でも信じられない気持ちです。

ご冥福をお祈り致します。


前の10件 | - プロレス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。