So-net無料ブログ作成
検索選択

白鵬関が立ち合い変化で春場所優勝!朝青龍時代の終焉? [その他のスポーツ]

大相撲春場所は白鵬関の優勝で幕を閉じました。

ちょうど家に帰ったとき、相撲がやっていて久しぶりに見ました、
朝青龍関と千代大海関とが対戦する直前でした。
横綱が勝てば優勝決定戦という大一番
どんな相撲になるのか!横綱がどんな勝ち方をするのか!
期待が高まる中、始まってみれば、
横綱が立ち合い変化しました。

「えっ!・・・」
しばらく、わたしは固まってしまいました、
あの朝青龍関が立ち合い変わるなんて!
全く想像さえ出来ませんでしたから・・・。

それと同時に”あるシーン”を思い出しました
それは貴乃花親方が引退間近の頃で対戦相手も同じ千代大海関
貴乃花親方も同じように立ち合い変わりました。
その時わたしは千代大海関の突っ張り・押しを怖がり変わったと思い、
「横綱が格下相手に変わるようでは終わりだなぁ」とつぶやいたのを思い出しました。

今回の朝青龍関もほぼそれに近いのでは?!
勝ちたいのは分かりますが、
あの強い!!朝青龍関が千代大海関相手にまともにぶつかって
勝つ事に不安を覚えたとは・・・。
「常勝、朝青龍時代」の終わりの幕開けのような気がしました。

そして優勝決定戦でも
白鵬関が立ち合い変わっての勝利。
相撲は15日間トータルの結果ですから、
この一番だけで優勝にケチをつける気はありませんが。

日本の国技といわれる大相撲
ただ勝つだけを追求していいのでしょうか?!
見ているものを感動させるのが真の王者だと思いますが・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。